宝物

f:id:iwa-21071012:20121111213014j:plain

収穫祭が無事終わりました。


悪い所もたくさんあって、決して上手くないしどちらかと言うと下手なんだけど、見に来てくれた友達や家族、先生、OB、大学の近所の人、毎年見に来て下さるおじさんおばさんが「ほんとうに感動した」と言って下さり、収穫祭は大成功となりました。
叩いている私自信も、お客さんの顔が皆ニコニコしているのを見てとっても楽しく叩けました。たぶん皆も同じ事思ってると思います。

いままで、特に収穫祭1ヶ月前あたりから、仲間とケンカしたり、OBにボロクソ言われたりしてかなり精神的に参って、太鼓やめようとも思ったけど、ここまでやって来れて本当によかった。
投げ捨てなくてホントに良かった。大学生活捧げててホントに良かった。


仲間と後輩、この農場太鼓を作り上げてきた先輩方、練習で帰るのが深夜になっても何も言わなかった両親、演奏を楽しんでくれているお客さんたち。そんな人々に出会えたことに心の底から感謝出来た日々となりました。




そして、太鼓中心にまわってた日常がついに終わっちゃった。
私たちの代で好きかってに叩けることが出来なくなっちゃった。
すんごく寂しいけど、今度は後輩に技術とこの今の思いと精神を伝えて、もっと良い農場太鼓を作っていかなきゃいけない。
大学卒業まで、あとちょっと、今度は後輩のために頑張ります。






いろいろ思うところたくさんありすぎて自分で何かいでるか分らなくなった!
取り敢えず、この3年間は私の一生の宝物になったの!
皆に感謝。